トップページ

    このサイトではハイブリッド車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「ハイブリッド車の買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店を利用してみてください。

    ハイブリッド車を高価買取してもらうために必要なことは「何社かの車買取業者で査定の依頼をする」です。1つの買取業者のみとか近くのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら間違いなく損をするので気を付けてください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比べられるので、ハイブリッド車(hybrid vehicle)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社にハイブリッド車の買取査定の依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多数の車買取会社から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、全国に対応していて無料。

    「ハイブリッド車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているハイブリッド車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、数年落ちのハイブリッド車でも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ハイブリッド車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サイト。たったの45秒で入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと数年落ちハイブリッド車の買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのハイブリッド車でも高く売ることができます。

    最大で10もの会社がハイブリッド車の見積もり査定をしてくれるので、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたハイブリッド車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイブリッド車を査定してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較してみることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年大事に乗ってきたハイブリッド車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り輸入車・外車専門の中古車買取の専門店。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。全国対応で出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、外車のハイブリッド車なら日本車メインの買取店より高額査定が実現することがあります。
    そういうことから、輸入車のハイブリッド車を売るなら最初にランキング上位の車買取一括査定サイトを使って概算査定額を比べてみてください。

    複数の中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたハイブリッド車を売却しましょう。







    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好みがハッキリと分かれる傾向があるので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場により上下しますので、人気のある特定のボディーカラーが査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、値段がつかない場合も出てきます。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらっても同様に査定額がつかないケースでも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ買取をお願いする事ができますので、買い取ってもらうことを断念する事はないのですよ。

    中古車の査定額を幾らかでもアップさせるポイントは、実際に査定に出す前にしっかりとキレイにしておくことが重要です。

    事故や修理があったことは消せないですし、隠そうとしてもすぐにバレてしまいます。

    しかし、車についた汚れや臭いなどに関してはいくらかは自分でメンテナンスする事で消滅可能なのです。

    中でも喫煙の習慣があった人は、臭いが残留していると低く査定されることが多いことを覚えておきましょう。

    基本的なことかもしれませんが、先に準備しておけば訪問査定も気楽に受けることができる上、査定額にプラスに作用することもあります。

    丁寧に使ってきたことをアピールするためにも掃除は欠かせません。

    また、パーツを交換しているなら純正パーツを保管してあるのなら本来の姿に戻しておくべきです。

    査定では純正のほうが加点評価してもらえるからです。

    また、スピーディーな売却を求めるのでしたら、契約に必要な書類等を先に用意しておくのも有効です。

    一般に海外の車というと国産車に比べて、買取価格がいまいち伸びないというお約束があります。

    知名度の高い外車であっても国内流通量は国産車より圧倒的に少ないため、取引の実績値に乏しく、買取業者としても値付けが難しいからです。

    それでも処分したいと思うのであれば、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    車買取では保険などと同じように一括見積りサイトの利用が便利です。

    これなら複数業者の査定額が本当に簡単に手に入ります。

    10万キロ以上走った車というのは、いわゆる過走行車という扱いになり、業者に査定に来てもらったところで、激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    値段がつかないという点では、事故車も同様です。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側は「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなケースが散見します。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、大変な思いをしてまで補修しようとせずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。

    自分が車の所有車になっているということは、使用頻度が極端に少なくても維持費は同様にかかります。

    2年に1度は車検費用がかかりますし、自動車税は毎年、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、駐車場料金も上乗せされるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのかじっくりと考えてみると、どうした方が最善かという結論を導きやすいでしょう。

    自動車に掛かる税金の話をすると、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

    でも、車を売却する際には、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、勿体ないと感じることはありません。

    でも、自動車重量税は査定に加算されることはなく、廃車にでもしない限り戻ってくる制度があるわけではないのです。

    還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合には見積額にプラスしてくれるときもあります。

    この点に関しては自動車買取会社と交渉することでプラス査定に持っていける可能性があります。